家相診断:鬼門の方角からトイレを間取り変更する

今回の家相診断は33坪3LDKの西玄関の間取り図です。

玄関の位置的にな南西方位の裏鬼門を避けてあり
今のままでも問題のない位置といえます。

ただ玄関ドア付近のポーチがくぼんでいることから
風が吹き溜まりになりやすいという現象が起きやすくなります。

風の通り抜けを良くしてカビなどを防ぎたい場合は
風が通るようにフラットにしてポーチを外に出す方法があります。

1階のトイレは北東の鬼門や裏鬼門の南西にありませんから
現在の位置でも問題がないといえます。

玄関い近いトイレが気になるようであれば他の位置に移動もありでしょう。

二階のトイレは北東方位の鬼門になっています。

方位的に気になるということであれば洋室と位置を入れ替えます。

間取り的にパントリーが少なくならないように
工夫をすればほぼ問題なく入れ替えできるiと思われます。

間取りは総二階でシンプルなことから張りや欠けもなく
家相は2階のトイレの変更と1階の欠けをなくすくらいで
問題のない間取に変更できます。

屋根形状もシンプルで雨漏りのリスクがない家になっており、
総二階でコストも軽減できそうです。

構造的にも安定した形状を確保しているので
耐震上も問題のない家相になっています。




カテゴリー: 家相 トイレ,家相 方位,家相 間取り | Tags: , ,




風水 玄関の上へ

PVアクセスランキング にほんブログ村