家相 欠け

家相的に欠けは良くないとされます。

その理由はくぼみが吹き溜まりになって
そこに雨風がたまりこんでしまうためです。

湿気も風が動かない部分にコケやカビが生えるという
わかりやすい現象で現れてきます。

中庭もまたくぼみになるため家相的には良くないとされます。

防犯邸に陰になることから泥棒が作業しやすい
人目に触れることのないスペースを作ってしまいます。

中庭や欠けのある家は屋根形状も複雑になります。
普通の雨なら良いのですがゲリラ豪雨には耐えられない
無理のある屋根形状になってしまいがちなのです。

また欠けのある住宅や中庭のある家
吹き抜けのある家などは
四角い総二階と比較すると同じ柱の太さであれば
不安定で力のバランスの悪い構造体になりがちです。

耐震的にもプラスに働く方向ではないです。

建物が傷みやすく安定しにくく、
雨漏りの原因を作りやすいとすれば
家相的に安定した家の間取りを作るのは重要なことになります。




カテゴリー: 家相 欠け,家相 玄関,風水 2017 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバックURL: https://xn--1rwy9mw24ansc.net/2017/08/12/%e5%ae%b6%e7%9b%b8-%e6%ac%a0%e3%81%91/trackback/




風水 玄関の上へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • SEOブログパーツ