家相とは

家相とは家を安全で長持ちさせるためのマニュアルのようなものです。

家相学とも呼ばれますが、家相自体が不安商法や霊感商法ではありません。
というのも、家相を学ぶと家づくりが成功するようになるからです。

例えば家の形について張り欠けのない家は家相上良い家です。
これは家相だけでなく構造力学でも安定した形になります。

長方形や正方形の形の家は力が均等に伝わりやすく
屋根形状もシンプルになるので雨漏りのリスクが減るのです。

逆に家相学を無視して間取りをつくった場合には
構造的にはより不安定な要素を抱えていくことになります。

張り欠けのある間取りになると屋根形状がより複雑になります。
正方形や長方形の間取りであれば、雨漏りのしない屋根になります。

シンプル無理のない屋根形状にすれば
家相上良いだけでなく雨漏りを防ぎ構造が強くなるのです。




カテゴリー: 家相とは | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバックURL: https://xn--1rwy9mw24ansc.net/2017/08/05/%e5%ae%b6%e7%9b%b8%e3%81%a8%e3%81%af/trackback/




風水 玄関の上へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • SEOブログパーツ